Q&A集:ゆうパック、レターパックの料金について

2019年12月13日

ここではゆうパック、レターパックの料金についてのQ&Aをまとめました。

 

ゆうパックで荷物を送るにはどうしたらいい?

ゆうパックの荷物を送るには送り状を準備する必要があります。

送り状は郵便局やコンビニでもらえます。

 

ゆうパックの送り状は元払いと着払いと2種類あります。

色分けされてあり、青が元払いで赤が着払いです。

 

ちなみに集荷をお願いするときに時に依頼することも可能です。

ゆうパックを送るには、自宅まで集荷に来てもらうか、郵便局やコンビニで発送を依頼する方法とがあります。

重い荷物を依頼する場合は、集荷予約をすると便利です。

 

 ゆうパックの送料はいくら?

ゆうパックの料金は、サイズと差出と送り先の住所によって変わり、郵便局へ持ち込みか集荷予約かオプションサービスを付けるかどうかで決まります。

 

例えば、荷物のサイズが60サイズ以下で、東京から大阪までの配送、郵便局へ持ち込みの場合の送料は850円となります。

 

ちなみに持ち込み割引は-120円となります。

 

ゆうパックの料金計算は郵便局HP内の「ゆうパックの運賃・料金計算」でできます。

 

レターパックとは?料金はいくら?

レターパックとは、郵便局が発行している封筒のことで、全国一律料金で配送できるサービスです。

 

レターパックを購入し、その中に送りたい商品を入れて郵便局に持っていくか、ポストに入れることで発送できます。

A4ファイルサイズ(340mm × 248mm)で、重さは4kgまでのものを入れられます。

種類は2種類あります。

 

・レターパックライト 370円 厚さ3cmまで

・レターパックプラス 520円 厚さ無制限

 

追跡サービスがあり、信書も送ることができます。

 

レターパックは、郵便局のほか、切手等を販売しているコンビニでも取り扱っています。

 

まとめ

以上がゆうパック、レターパックの料金についてのQ&Aとなります。

A4サイズに収まる荷物であればレターパックにすると一律料金で安く発送できますので、

用途によって上手に活用するといいでしょう。

Q&A

Posted by 編集部