Q&A集:現金書留の料金について

2019年12月13日

ここでは現金書留の料金についてのQ&Aをまとめました。

 

 現金書留って?

現金を送付する専用の一般書留です。

専用の封筒に入れるので、ご祝儀などのお祝いを送るときにも使えます。

郵便物が届かなかったり紛失したなどの場合は、損害要償額の範囲内で実損額が賠償されます。

 

 現金書留の封筒の値段はいくら?

現金書留専用の封筒は一枚21円です。

また、その他の封筒でも、書留料金を加算すれば現金書留を利用できます。

 

現金書留の料金は?

料金は、郵便物の種類や損害要償額によって違ってきます。

現金書留の料金は封筒のほかに、435円が基本料金に加算され、送金額が1万円を超えるとさらに5,000円ごとに10円加算されます。

 

たとえば、定形郵便(重さ25g以内)で5万円を送金する場合

通常の郵送料 84円 + 書留の基本料金 435円 + 追加分80円 合計599円

 

まとめ

以上が郵便ハガキの料金についてのQ&Aとなります。

現金書留の配達上限は50万円までとなっています。

また、ポスト投函は厳禁ですので必ず郵便窓口を通して発送しましょう。

Q&A

Posted by 編集部